髭の悩み解消フローチャート

 

 

 

ニードル脱毛の最大の利点はその「確実性」。
ニードル脱毛はニードル(電気針)で毛根一つ一つを処理していくので青髭をはじめとしたすべての髭の悩みを確実に解決することができます。
ひとつひとつの毛穴を施術するので頬に広がるような広範囲の髭の処理には向きませんが、鼻下・顎・フェイスラインの髭を解決するには絶大な効果を発揮します。

 

またデザイン性を重視した髭の処理をすることも可能です。

 

個人差はありますがニードル脱毛は脱毛方法の中で痛みの強い脱毛法といわれています。
ただ管理人が体験した限りでは我慢できないほどではないというのが感想です。

 

ニードル脱毛はメンズTBCが格安の体験キャンペーンを実施しているので、気になる方は一度この体験キャンペーンを受けてみることをオススメします。

 

レーザー脱毛は毛根のメラニン色素に反応する特殊な光を使って脱毛をします。
基本的にはフラッシュ脱毛も構造は同じですが、出力がレーザー脱毛のほうが高いです。

 

レーザー脱毛は医療機関である美容外科で行われますので、制限なく出力を上げることができます。
ですから効果はフラッシュ脱毛より高いですが、痛みも強いといわれています。

 

またレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の利点として広範囲を脱毛することができるので頬に広がるヒゲにはとても効果的です。
レーザー・フラッシュ脱毛も毛根に直接アプローチしますので青髭にも効果があります。

 

 

フラッシュ脱毛は出力が劣るもののレーザー脱毛と構造は同じ。

 

効果はレーザー脱毛には劣りますが、痛みはその分弱いです。
痛みに敏感な方はレーザー脱毛よりフラッシュ脱毛がおすすめです。

 

このフラッシュ脱毛もレーザー脱毛同様に一度に広範囲を脱毛することができるので頬など広範囲に広がる髭に効果を発揮します。

 

料金的にはレーザー脱毛に比べ、リーズナブルな点もフラッシュ脱毛のメリットです

 

自宅でフラッシュ脱毛ができるのが家庭用脱毛器。

 

メリットはフラッシュ脱毛同様「広範囲に広がる髭を一網打尽にできる」という点はもちろんですが、自宅にいながらヒゲ脱毛が行えるという最大のメリットがあります。

 

家庭用脱毛器のケノンであれば照射効率がとても良いので、コストパフォーマンスよく脱毛することができます。
特に髭がとても濃い方は一度購入してしまえば、満足いくまでの脱毛が可能ですからもっとも経済的といえるでしょう。

 

髭に限らず体毛にも使えるので体毛に悩んでいる方は家庭用脱毛器がオススメといえます。

 

抑毛ローションは髭をなくすのではなく「目立たなくする」という方法です。
抑毛ローションを使用し続けると毛が細く柔らくなっていきます。そうすると毛の量は減らなくても目立たなくなっていくわけです。
産毛を想像していただくとわかりやすいでしょうか?

 

抑毛ローションの最大のメリットはその手軽さにあります。安価で自宅で行えるので、手間がかかりません。
ただしその分、効果に個人差が大きくでます。
また効果が出る前に使用をやめてしまう方が多いので最低でも一か月は継続して使うようにしましょう。